ホーム 間道
間道
正絹、六通の名古屋帯。
室町時代に大陸より渡来した縞織物。名物裂として多くの茶人達に親しまれ愛されている紋様の一つです。
帯芯に真綿を重ねて仕立てられています。ふっくらとした手触りと、結んだ時に柔らかいボリューム感があります。
「相良間道」と思われます。縞との間を織り成す金欄がほどよく格調高い印象です。
色合いも濃過ぎず、幅広い年代の方にお締めいただけます。

 ●サイズ 長さ:3m50cm 幅:30.5cm 前幅:15cm


 ※画像クリックで,画像が拡大します。

・ 型番
no1166
・ 販売価格

21,600円(税1,600円)

・ 購入数